ディアホームは岩手県盛岡市・北上市を中心に「遊びを。design」をテーマに注文住宅の提案を致します。

アソビヲデザイン DEAR HOME ディアホーム

盛岡店BLOG

リアルハウジングガーデン盛岡展示場
リアルハウジングガーデン
ディアホーム盛岡展示場
岩手県盛岡市本宮4丁目44-22
TEL 019-613-2506
FAX 019-613-2507

北上店BLOG

リアルハウジングガーデン北上展示場
リアルハウジングガーデン
ディアホーム北上展示場
岩手県北上市北鬼柳18地割81
TEL 0197-72-6665

資料請求

お問い合わせ

オーナーサポート

ディアホームのテレビCMを見る

ディアホームのテレビCMを見る


ディアホーム盛岡展示場ブログ。岩手県盛岡市を中心に「遊びを。design」をテーマに注文住宅の提案を致します。

盛岡展示場BLOG

新しい知識

こんにちは。

ディアホームの藤谷です。

 

やっと道路の雪が消えましたねー。

中途半端に溶けて凍ってをくりかえして、車で走るとすごく走りづらい…。

私の車はノーマルの軽なので、まるで某ゲームのマ○オカートのようでございました。笑

もう雪はおなかいっぱいです…

 

話は変わりますが…

先日私は新しい言葉を覚えました!!笑

 

私はもともと住宅や建築とまったく関係ないところで働いていたので、専門用語がわからないことが多いんです。

何のことだろう??と思いながら聞いていて、後から「そういう意味だったのか!!」と思うことも少なくありません。

まだまだお勉強が必要ですね。

 

「スタッキング」

みなさん知ってます?私は知りませんでした(⁻▽⁻;)

 

スタッキングとは、揃いの食器や家具などを積み重ねることを言うそうです。

こういう状態ですね

椅子など実際日常生活で使うものは重ねておけば収納場所も節約できますよね。

以前にご紹介したチタンマグも、すべてスタッキングしてしまえるようになっていたようです。

気になって調べてみたら…

これもスタッキング

 

これもスタッキング。

 

日常の生活の中でも実はいろいろなものがスタッキングされています。

 

そして…重ねて収納できます!

と言うより

スタッキングできます!

と言ったほうがなんだかかっこよく聞こえる気がします。笑

 

新しい知識を覚えるのって楽しいですよね。

そして専門用語っておもしろい♪

 

ぜひ皆さんも「スタッキング」使ってみてください。

 

 

 

「スタッキング」という言葉を使いたくて、何か重ねるものを探しているのは内緒な藤谷でした。

 

 

 

盛岡市前九年現場スタート

 

皆様こんにちは。

 

工事監督のOです。

 

盛岡市前九年で新築現場がスタートしました。

 

本日、第三者機関による基礎の配筋検査を行い、無事合格しました。

 

 

 

来月からは本格的に木工事に入る予定です。

 

今回も勿論「燃費の良い家」!

 

どんな建物が出来るのか…お楽しみに。

 

今年の雪は一段と・・・

こんにちは。

ディアホームの森田です。

 

今年は雪の量がすごく多いですね。

私の自宅でも道路までの雪かきを自力でラッセルしています。

加えて、本宮展示場でも雪かきの日々です。

雪かきも大変ですが、普段の生活もこの雪で一変するのではないでしょうか。

 

例えばお洗濯です。

普段外に干している場合、この雪の続く中外干しはできませんよね。

家の中に干すと言っても、限られたスペースの中でなかなか難しい時もあります。

さらに、家庭によっては一度の洗濯量も家族の人数で変わってきますよね。

 

家造りをしていくうえで、『家事のスペースをどう考えるか』は、一つの大きなキーポイントと考える方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

毎日の仕事ですので、負担を少なくする事も大切ではないかと私は考えます。

 

そこで、ディアホームのお家の物干しスペースを紹介します。

室内に、天井から物干し用の竿を通せるフックを下ろして、窓際に物干し空間を確保しています。

奥には洗濯物をたためる棚も設置しております。

毎日の家事の負担を減らす一つの方法ではないでしょうか。

 

 

お家造りの参考にしていただけたら幸いです。

 

展示場のご紹介

こんにちは。

ディアホームの森田です。

 

 

少し前の話になりますが、甥っ子に冬休みの工作の相談をされました。

「何にしようか」と一緒に考えて、本棚を作ることにしました。

 

ホームセンターで木をそろえ、いざ加工をしましたが、これが大変でした。

切れば広い範囲に木くずが散乱。かといって、外での作業は手が悴んで動かない。

結局、部屋一面にブルーシートを敷いての作業でした。

 

「簡単に掃除できるスペースがあれば楽なのにな」と思ったとき、

思い出すのは、本宮展示場にある土間のスペースです。

自分の家にこんなスペースがあれば、ブルーシートもいらず、床に落ちる木くずも掃いてスッキリです。

 

なんて事を切実に感じる瞬間でした。

 

今年は雪も多く、スキー・スノーボードも楽しくできますね。

そういったレジャーの道具を置く事もできる空間です。

 

『自分だったらどう使うか』という想像を膨らましながら展示場を見るのもおもしろいのではないでしょうか。

 

お家造りの参考に是非見に来てください。

うれしいできごと

こんにちは。

ディアホームの藤谷です。

 

皆さん雪かきお疲れ様です!!笑

いやー、ふりましたねぇ…。

こんなにたくさん積もるのはかなり久々なのではないでしょうか。

 

昨日の夕方一度車の雪かきをしたのに…朝起きたら無かったことになっておりました(・▽・)笑

 

雪かきに全体力を使ってしまったのでへとへとです。

 

かまくら…作りたいです。笑

 

こうして書いているブログ。

それぞれその日の出来事やちょっとしたお家づくりの情報を載せているのですが

私はこのブログをどれだけの方が見てくれているのか知りません。

 

が!!

 

先日嬉しいことがありました。

 

現在打合せ中のお客様が、ディアホームのブログをチェックして下さっているそうで…

私の書くブログを気に入って下さっているとのお話が!!

 

営業スタッフが教えてくれました(≧∀≦)

 

もう、とても嬉しいです!!

 

詳しい知識や情報は営業や設計スタッフが載せているので、

私のブログはちょっと息抜きにお客様に「たのしい」を届けたいなと思って書いています。

ですので「たのしい」と言ってもらえるととても嬉しいのです!

 

模型を作ったり、DMを作ったりしている私は直接お客様と一緒に家づくりをするわけではないので

お話をする機会はほとんどないのですが

どこかでブログを楽しんでもらえていたり模型を喜んでもらえていたりすると

すごく嬉しいですし、がんばろう!!という気持ちになります♪

 

この場を借りて

 

ありがとうございます!!!

 

これからも少しでも皆さんの「たのしい」を創るお手伝いができるようにがんばりますね♪

 

出没率低めのレアキャラな私を見かけたらぜひ声をかけてください。

とても喜びます。笑

 

嬉しいことを教えてもらって浮かれつつも

雪かきに全体力を持っていかれてプルプルする手でブログを書いている藤谷でした。

 

 

 

盛岡市 松園 自由設計

こんにちは!

ディアホームの岩泉です!

 

雪一気に降りましたね…

皆様事故等にはくれぐれもお気を付けください!

 

さて、今日は盛岡市松園で建築中のT様邸をご紹介いたします。

 

こちらのお宅は建て替えの2世帯住宅。

 

ご家族も増え、手狭になってきたことをきっかけにお家づくりがスタートしました。

 

数ある住宅メーカーのなかでディアホームをお選びいただいた理由をお聞きした時に

「デザインのセンスや細かな部分まできれいな仕上がりが素敵」

「冬場はエアコンだけで暖かく過ごせる性能もとても魅力的」

とお話ししてくださったことを覚えております。

 

まさにディアホームの得意分野を気に入って頂いて、とても嬉しかったです!

 

完成は6月頃。

今は断熱工事の真っ最中ですので、少しは工事現場も作業しやすくなることでしょう(^^)

 

最近は建て替えをご検討しているお客様からご相談いただくことが大変多いです。

建替えようか悩んでいる方。考えてはいるけどどう動けばいいかわからないという方。

お気軽に展示場スタッフまで相談してください!

 

様々な視点から皆様のお家づくりをサポートさせて頂きます(^^)

結露の仕組み

こんにちは!ディアホーム菅原です!

 

さて、今回は「結露」についてお話したいと思います。

「結露」というと、多くの方は

冬場の「窓」を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

お子様がいるご家庭ではキャンバスと化していることも

少なくないと思います!(^_^;)

 

さて、この「結露」、

家の寿命を短くしてしまう「要因」とも言われているのをご存知ですか?

 

実際のところ、家の中で発生する「結露」は、

構造体を腐らせてしまう心配があります!

 

住宅の購入を考えられている方は、

「結露」に関して正しい知識を身に着けて、

長持ちする「お家づくり」についても是非、考えてみてくださいね(^^♪

 

 

この「結露」の仕組みと、切っても切り離せないのが、

「水蒸気」についての知識になります。

 

空気中に含むことのできる水蒸気量の上限値は、

空気の「温度」によって決められます。

 

暖かい空気は、水分をより多く含むことが可能で、

反対に冷たい空気は水分を含みにくい仕組みになっています。

 

各温度域で水蒸気をMAXに含んだ状態を「飽和」と言います!

 

水蒸気を「飽和」に近い状態まで含ませた空気を、急激に冷やすと、

水蒸気でいられなくなってしまった、「水分」が、

『水滴』に変わります!

 

これが「結露」です!

 

 

居酒屋さんで出されたビールジョッキに、水滴が付くのも同じ現象ですね!!(^^)/

 

ぬるいビールには、水滴はつかないのも同じ理由です。

 

ジョッキの表面が、空気の温度に近い温度…ということですから(^^;)

 

つまり、

「水蒸気の飽和」の状態と、「窓の表面温度」に意識を向けると

「結露」は予防できる!ということになります!

 

岩手の冬場の生活において

 

窓の表面を冷やさないこと、

空気中の水蒸気を飽和状態にしないこと、

 

が、長持ちする「お家」を考えるうえでポイントになります!!

 

これらをクリアにしていくためにはどのようなことが必要なのか…。

…続きは次回のブログでご紹介しますね(^^)/

 

ハウスメーカーを見学されている方で、

結露について興味のある方は、是非そのあたりも気にしながら

見学をされてみてください!!

 

ディアホーム本宮展示場でも、

スタッフがお待ちいたしておりますので、

お気軽にご来場ください!!!

 

今後ともディアホームをよろしくお願いいたします!<(_ _)>

 

暖かさの違い

こんにちは。

ディアホームの森田です。

 

ここ一週間は冷えに冷えて朝晩外に出るのが辛かったですね。

早く春が来ないかと首を長くして待っております。

 

展示場に来場して頂いたお客様に「ディアホームの家って暖かいね」というお言葉を頂戴することが多くあります。

ディアホームの家は、床、天井、壁など、暖かい住宅にするために考え抜いた造りをしております。

 

そこで、『感じる暖かさ』を目で見える形にできないかと考え、サーモカメラで色々と撮影してみました。

 

これは一般住宅を外から撮った写真です。

 

建物の下の部分が赤くなっていると思いませんか?

 

ここは、住宅の基礎にあたる部分です。

「床下は寒い」とイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、

写真だと赤く写っていますよね。

実は、室内の熱が床下を伝わり、外に逃げているからなんですよ(^^)/

 

対して、ディアホームの家を同じように撮影すると違う印象の写りになります。

写真を見ていただければ、「ディアホームの家造りは他と違う」とわかっていただけるのではないかと思います。

 

 

気になる方は、是非展示場にお越し下さい!

 

あったかマグ

こんにちは

ディアホームの藤谷です。

 

相変わらず寒い日が続いていますねぇ。

節分も終わって暦の上では少しずつ春には近づいていますが…

盛岡の冬は長いです。

 

寒い日は暖かい飲み物が飲みたくなります。

私も作業しながら暖かい飲み物をいただいております♪

 

ただ、気温が寒いと暖かいものがすぐに冷めてしまいます…

なので保温性のあるマグカップを探してみました!笑

 

一番最初に目についたのはこれ!

Air magと言うそうで、二重構造の耐熱ガラスでできています。二重構造だから冷めにくいんですね。

カタチも可愛いし、ガラスなのでシンプルでおしゃれです。

色のついた飲み物を入れたらかわいいですよね!

 

あとは私が個人的に好きなキャンプ用品のブランドのチタンマグ。

この雪の結晶みたいなマークと、ちょっと白っぽい金属が好きなんです。

キャンプの朝にこれで暖かい飲み物を飲むとほっこりします。

チタンなので冷めにくく温まりにくいですし、スッキリしていて可愛いので普段使うのにもいいですよ。

 

寒い冬もあと少し。

温かい飲み物でも飲んで、ココロもカラダもあたたまりましょ♪

本宮展示場でも暖かい飲み物をご用意して、お客様が遊びにいらして下さるのを待っていますよー!!

ノンカフェインの物もご用意してありますので、妊婦さんや授乳中の方は遠慮なくおっしゃって下さい。

 

世の中ではインフルエンザが猛威を振るっているようで…みなさんもお気を付け下さいね!!!

 

最近寝る前に母の作った自家製の梅酒をホットで飲むのが楽しみな藤谷でした。

 

 

ディスプレイ

こんにちは、設計の松村です。

 

最近、フィギュアなどのディスプレイコーナーを

ご希望されるお客様が多いように感じます。

 

これまでディアホームもたくさんの施工事例が

ございますが、飾るものによってつくりかたは

それぞれ。

 

 

照明でかっこよくライトアップしたいけど

照明器具をおさめるスペースがなさそう(+_+)

とお考えの方には

ディスプレイダウンライトをおすすめします(*^_^*)

 

 

棚材が2530mmの厚みさえあれば埋め込めてしまう

めちゃめちゃ薄いダウンライトです。

(普通のダウンライトの埋め込み深さは80100mm程度)

 

 

普段、ショッピングをしている雑貨屋さんなどを

よくよく見てみると使っていたりします(^^)

 

 

飾り方や飾るものによって、おすすめする照明は

変わってきますが、参考になればと思います。

 

わたしが大学時代、UFOキャッチャーで8000円かけて

ゲットしたエヴァンゲリオン式波アスカラングレーの

フィギュアはまだクローゼットの奥底にありますが、

いつが自分のディスプレイコーナーもつくれればいいなと

夢見る松村でした。

 

 


© DEAR HOME. All Rights Reserved.